今や企業の多くが人材不足に嘆いている現状があります。
業績は悪くないため雇用を促進したくてもいい人が集まらない。
この傾向は地方だとより顕著になっています。

若くてやる気のある人材を採用することが経営課題となっているのです。
そこで注目したいのがベトナム人材を採用することです。

国の制度が後押し

2019年からスタートした特定技能実習生として受け入れすることで
数年に渡って外国人材を雇用することが可能になりました。

業種など限られてきますが該当する業種であれば外国人を採用することを
前向きに考えるべき時代になっているのは間違いありません。
今後ますます少子高齢化が迫ってきており、人材採用はより一層難しくなることが容易に想像できます。

ベトナム人を採用するメリット

ベトナムには若くてやる気のある人が多くいます。
そもそもベトナムという国は平均年齢が30代前半と言われています。
若い人が非常に多い国で労働力が豊富です。

また、ベトナム人は勤勉で真面目と言われているため
日本の職場にマッチしているのです。

これまでにも技能実習生としてベトナム人材が多数日本の企業で働いてきましたが
そこにはいくつか課題がありました。

雇用形態・年数・給与など、ベトナム人にとって不利な条件が多かったのです。
そのため途中で帰国してしまったり、仕事を突然辞めるということが少なくありませんでした。

しかし、今回の特定技能実習生での受け入れは、同じ職種の日本人と同等の待遇が求められています。企業からすれば負担が少なくありませんが、今後の会社を担ってくれる人材として受け入れることで双方にとってメリットとなる制度として捉えることができれば、ベトナム人材を採用することは人材不足解消の救世主となってくれることでしょう。

投稿日:

Copyright© ベトナム人採用が人材不足解消の手段として注目 , 2020 All Rights Reserved.